RRS・院内心停止オンラインレジストリはRRSの認知を広め、導入を促すという意味で一定の役割を果たすことができました。
今後のオンラインレジストリのあり方を臨床救急医学会、集中治療医学会のRRS合同委員会で議論してまいりました。
その議論を元に「日本におけるRRSの浸透・IHCAに対する診療の質の向上」と「世界に発信する臨床研究」が可能なレジストリへと改訂を行うことになりました。
参加施設の皆様にもご意見をいただきながら2017年11月より「IHER-J:Inhospital-Emergency Registry in Japan」としてRRSと心停止レジストリを統合させた新レジストリを開始します。参加施設の皆様は倫理委員会提出書類などHPにアップいたしましたのでご確認ください。