RRSを有効に活用するには導入するだけでなく、RRSの対応の質も高める必要があります。RRSには“要請側の気づき”と“出動側のスキル”が特に重要で、今回は特に出動者にフォーカスを当てたワークショップとハンズオンのセミナーでした。ワークショップとハンズオンを通し、システム導入の実際、RRS対応チームの育成、医療安全推進のエンジンとなるRRS活用について理解することを目標として行われました。

今後も同様のセミナーを定期的に開催する予定ですので是非ご参加ください。

今回のセミナーの詳細は下記URLをご参照ください。